かないの塒

日々の生活のなかで、気づいたこと、感じたことなどを書いていこうと思います。

都立高校の発表の日・・・

今日は3月1日、都立高校の発表の日。いつの間にか、合格発表はwebでの発表が主流となりました。以前は、学校に登校してから、発表を見に行っていたなぁ・・・と思い出す時があります。

 

今日の流れは、生徒たちは8:30になったら、自宅で発表を見て、その結果をFormsで、学校に送信。合格の場合と不合格の場合で、それぞれ流れが違うのですが、どちらにしても手続きがありますので、どこの都立に進むのか私立に進むのかを入力してもらい、それぞれの動きをしてもらうことになるのです。

 

タブレットが支給されたおかげで、合格発表も、いちいち生徒からの電話で確認をするのではなく、結果を知ることができるようになりました。11時にはすべての都立高校受検者の結果を集約することができました。数名は、連絡をし忘れていたり、不合格で2次をうけるかどうするか悩んでいたようで、担任の先生が保護者に連絡をしましたけれど・・・私立を含めたそれぞれの進路先一覧表の作成に取り掛かり、12時にはそれが出来上がり、午後には確認の学年会ができるようになったのです。

 

 これはこれで非常に効率的で、中学3年の教員としては、他にもやることが山ほどあるので有難いですね。でも、電話で合格したときもそうでなかった時でも、生徒とやりとりすることがなくなった寂しさはあるかなぁと思う時があります。

 

全ての生徒にとって思うような結果になってはいませんが、「ここまでやった」という事実は変わりません。さらに、「進学先」が全てではないということ、「そこで何ができるようになったのか」が大切なんだということ、[これからは、多様で多数の人とのつながり方を学んでおくことが大切」、、、そんなことを今度話をしようと思いました。

お疲れ様でした。

都立高校の一般入試の発表の日・・・

今日は3月1日、都立高校の一般入試の発表の日。いつの間にか、合格発表はwebでの発表が主流となりました。以前は、学校に登校してから、発表を見に行っていたなぁ・・・と思い出す時があります。

 

今日の流れは、生徒たちは8:30になったら、自宅で発表を見て、その結果をFormsで、学校に送信。合格の場合と不合格の場合で、それぞれ流れが違うのですが、どちらにしても手続きがありますので、どこの都立に進むのか私立に進むのかを入力してもらい、それぞれの動きをしてもらうことになるのです。

 

タブレットが支給されたおかげで、合格発表も、いちいち生徒からの電話で確認をするのではなく、結果を知ることができるようになりました。11時にはすべての都立高校受検者の結果を集約することができました。数名は、連絡をし忘れていたり、不合格で2次をうけるかどうするか悩んでいたようで、担任の先生が保護者に連絡をしましたけれど・・・私立を含めたそれぞれの進路先一覧表の作成に取り掛かり、12時にはそれが出来上がり、午後には確認の学年会ができるようになったのです。

 

 これはこれで非常に効率的で、中学3年の教員としては、他にもやることが山ほどあるので有難いですね。でも、電話で合格したときもそうでなかった時でも、生徒とやりとりすることがなくなった寂しさはあるかなぁと思う時があります。

 

全ての生徒にとって思うような結果になってはいませんが、「ここまでやった」という事実は変わりません。さらに、「進学先」が全てではないということ、「そこで何ができるようになったのか」が大切なんだということ、[これからは、多様で多数の人とのつながり方を学んでおくことが大切」、、、そんなことを今度話をしようと思いました。

お疲れ様でした。

卒業生の訪問・・・

    今日は、大学3年生になる卒業生が、わざわざ異動先の学校まで私に会いに来てくれました。こうやって近況法報告してくれるというのは、それはそれで嬉しいものです。

 

    彼とは、中学校を卒業しても、定期的に会いに来てくれていて、その時その時の近況や相談を受けていました。今回は、大学3年生ということもあり、就職についての相談がありもう内定をもらってはいるのですが、「セミナーに行けば行くほど、自分は何をやりたいかわからない」というのです。

 

  どんな年齢であっても、迷いというか悩みというのはあるだなぁ・・・と、思いながら話をきいていました。そして、「別にやりたいことがなくてもいい。まだ21,22年しかいきていなんだから」「いろんな人に出会って、いろんな考えを知ること」「楽しそうな基準で仕事を選んでみる」「やりたいことがなくても、出会った人でやることが見つかる」・・・・そんなアドバイスをしました。

 

 途中、私の過去の話が話題になり、最初から「教師」になるとは思っていなかったということを話したら、驚かれたことや、私の趣味の一つとして「ブログ」で、学んでいることを発信していることをつたえたりして、あっという間に1時間余りが過ぎてしまいました。

 

   振りかえってみると、なんだか、問答をしているようで、それを楽しんでいる自分がいるなぁと思ってしましました。

 来てくれて、どうもありがとう。早速ブログをみてくれたようです。

 

息子を叱りました・・・

昨日、息子を叱りました。事の発端は、夕食の準備をする時から始まります。妻と娘はお風呂に入っていて、夕食の準備を開始するので、息子にお手伝いをおねがいしたかったのです。ただ、息子がタブレットを使っていたから、
私 :「ねぇ、◯◯ちゃん、タブレットやめて準備手伝って?」
息子:「うんわかった。ちょっと待って」
私 :「何分くらい待つの?」
息子:「5分くらい」
私 :「わかった」
私が、机の上を片付けたり、お風呂の準備をしたりしていましたが、一向に変化ありません。5分くらい過ぎて、もう一度
私 :「まだ?」
息子:「うん。もうちょっと待って」
私 :「5分経ったけど、、、」
息子:「わかってるって!」
私が、お皿を出したり、箸の準備をしたり、温めていた煮物をテーブルに持って行ったりしても、変化ありません。準備が完了してしまいました。そこで
私 :「あのさぁ、いつまでまたせるの!」とつい、大きな声で言ってしまいました。
息子:「ちょっと待ってって言ったじゃん。宿題やってたんだよ!」と泣きそうな声で返答し、席に座りました。
 そのときに、妻と娘が台所に戻ってきて、そこから「いただきます」になったのですが、息子は膝を抱えて泣いていました。
私 :「何で泣いてるの?」と聞くと
息子:「何であんなに大きな声を出すの?僕は宿題をやっていたんだよ!」
私 :「ん!そんなの聞いてないよ。だったら、はじめに言ってよ!」
息子:「言ったじゃん!・・・・」
私 :「最初は5分待って、しか聞いていない。怒鳴った後に聞いただけだよ、、、。後さぁ、何回パパは◯◯ちゃんに話しかけた?3回だよ。わかったんだったら行動に移してよ、、、。それに・・・・」
娘が登場!!
娘 :「あのさ、食事中に喧嘩はやめてよね。食事が美味しくなくなる。パパたちあっち行ってやって。さあ!」と、別部屋につながるドアを開けて待っていました。
私 :「ごめん。もうやめます。続けません。」
息子:「もうういいよ!」と、いって、寝てしまいました。
 
そのあと読書会などをしてクールダウン。読書会の後、最初に「何しているの?」と聞いていれば・・・・、もう少し待つ余裕を持っていれば・・・、相手をコントロールしようとしないで、「気づかせる」ようにしてれば・・・・と、息子の寝顔を見ながら、叱ったことに対しての反省をしました。にしても、娘の一言には助かりました。
 
 で、今日の朝、どうなってしまうのだろうという心配がありましたが、息子と対面をした時「おはよう、パパお腹減ったな」と息子から声をかけてきたので、「おはよう。そうだよね。お腹減ったよね。昨日は強く言ってごめん」と、謝りました。「うん。」と、笑顔で返事。そして一緒に朝食を食べました。いつものように途中まで一緒に学校に行きました。
 
 色々な読書会などで、「叱っても、効果はない」とわかっていたにもかかわらず、やってしまう自分がいるんですよね、まだまだ私は、親としては未熟だなぁ・・・。でも、こうやって、失敗を重ねて親のレベルが上がっていくんだろうなぁ・・・と思いました。
 
あと、個人的には、お腹が減っている時は、イライラしやすい自分がいる、というメタ認知をしました。次回は、気をつけないと・・・・。

絵本は、大人こそが読むものだ・・・

 本日は、「あなたのオススメの絵本は?」をテーマに語り合っていくBook Talkに参加しました。一応、ファシリテーターの役も仰せつかりました。

「絵本は、子どもが読むものだ」と結婚して子どもが生まれる前まではそう思っていました。(そもそも、本を読んでもいませんでしたし・・・)でも、生まれた後、妻がたくさんの絵本を買って、それを寝る前に娘や息子に読み聞かせをした中で、私も一緒にそれを読むようになりました。その経験から、絵本は、その時その時によってとらえ方が違う・・・「絵本は、大人こそが読むものだ」という事に気づきました。

 最初は、私の気に入っている絵本を紹介して、他の参加された方々の気に入っている、印象に残っている「絵本」について紹介してもらいました。私が知らない絵本もありましたが、言われると「ああ、その本読んだことある・・・」という反応の本も結構ありました。私は、どちらかというと、「絵」から記憶するタイプで、作者を言われたもわかんないんですよね・・・。

 そして、やはり小学校の教科書に載っている「絵本」の話になりました。「ごんぎつね」「大造じいさんとがん」「スイミー」「一つの花」「泣いたあかおに」「かわいそうな像」「おこり地蔵」などの話は、私が小学校で使われた教材で、挿絵をみてその人物の気持ちを想像するということをやったなぁ・・・と思い出しました。本物の絵本の挿絵と同じものが使われているというのも興味深かったです。でも、時代によって教科書から消えてしまうものもあるようですね。

 また、「学校コワイ」という2013年に出版された絵本も紹介され、時代をうつしたものも絵本として扱われるようになっていることも知りました。

 

 今の世の中は、「動画」が当たり前で、そこから色々なものと読み取ることが多くなってきています。だから、絵本のような「静画」から読みとることに慣れていなく、思考停止になる傾向があるようです。だからこそ、絵本を小さいときにたくさん読む経験は必要だなあと感じました。妻の絵本に対する投資は、子どもの様子をみているとまちがっていなかったなぁと感じました。

 なかなか素敵な企画だと自画自賛です。また違う切り口でもやってもいいかなぁと思いました。ファシリテーターとしても、周りの人に助けられながらなんとかできました。

ありがとうございました。

はらぺこあおむし」は、息子が大好き。「おふろだいすき」は、娘がお風呂にはいるきっかけに、「あんなにあんなに」は、親になって実感した本です。



 

「生徒に一生涯の幸せを与える学級経営」・・・・

本日は、西川先生の「生徒に一生涯の幸せを与える学級経営」について、読書会を行いました。この本での読書会は、以前も行いましたが、参観者も異なっているのでまた違った視点での話ができました。

 最初は、『学び合い』の授業はどのようにやっていますか?という事から始まりました。「課題」に力をいれている授業もあれば、全ての授業で『学び合い』をするのではなく、一斉授業もしたり、問答をしたり・・・とその先生のやり方があるんだなあということが確認できました。

 その次に、この本は、『学び合い』のゼオリーをまとめてくれているということ。「分かればわかるほど分からない子を教えられなくなる」「生徒という生徒はいない」「集団」「多様で多数」「その子ではなく集団」「解決策を考えない、寄り添わない」「噓はつかない」「学力観」「これからの社会」「コード」です。

 この中には、良かれと思っていたことの逆が書かれていたことも話題になりました。例えば、「寄り添わない・・・・」です。でも、オンラインゼミ(https://bit.ly/3lMsgHn)で西川先生と問答をしていくうちに、その内容が肚落ちしてきている・・・、口伝だからこそ伝わるんですね。まあ、「呪縛が解かれた」と、いうわけです。そういえば何回「愚かもの・・・」と言われたっけなぁ・・・。

 また、一斉授業から『学び合い』にシフトしてやり辛さはなかったのか、・・・ということや、この本は、『学び合い』に対する先生方の意識が変化をしたから、受け入れられたのではないか、ということ。もしこの本が10年前に出されたとしても受け入れられなかったのではないか。現場の先生たちにとって、色々な響き方があったのではなないか・・・ということが話題になりました。

 そんなこんなで、色々な視点から対話をすることで、またこの本を深堀することができました。ありがとうございました。

Most Likely to Succeed」という映画・・・気になりました。

 

そういえば、この本は私が異動するときに、初任者にプレゼントした本でもあります。ひさしぶりに連絡してみようかなぁ・・・・。

 

エネルギー充電完了・・・

この連休は、前回の連休とは異なり、みんな健康だったので、家族と過ごすことができました。

 

 昨日は、娘の学校説明会に参加。前日に提出書類を、娘と妻と私で確認です。娘は午前中は学校だったので、開始時刻の10分前に娘と体育館で合流。今回は、入学式の準備ということもあって、保護者と子どもが隣同士で座ることになっていました。

 提出書類を出して、会が始まる間、何人かの娘の友達に挨拶をされたり、娘から色々と話しかけられたりと、終始話しっぱなし・・・。でも、娘が、学校を楽しんでいるということが分かった時間でもありました。それでだけで親は、安心なんですよね。会の内容は、学年主任の話と、入学式、教科書について・・・・の話がありました。あぁ、義務教育じゃないから教科書は買うんだな・・・。

 終わった後は、娘とふたりで歩いて帰ってきました。何だかいいものです。一緒に並んで、何気ないことを話しができるなんて・・・・。一緒に途中まで学校にいっていた小学生の時を思い出しました。寒かったのですが、とてもいい天気でした。しかし、花粉症がひどいや・・・・。

 

 そして、息子が学校の宿題で「お味噌汁をつくる」ことが課題で、安全管理という意味でその様子をみていました。お豆腐、わかめ、なめこのお味噌汁。基本は、「邪魔をしない」で、質問をされたらこたえたるというスタンス。聞かれたのア、「味噌をどのくらい入れたらいいのか?」と聞かれたので、「5人分だから、スプーン山盛り1杯で、あとは自分で調整してごらん・・・。」と、こたえながら、様子をみていました。途中、包丁を使うシーンがありましたが、几帳面にお豆腐を切っていたのっが、なんか私の親父にそっくりだったので、笑ってしまいました・・・。美味しくいただきました。ご馳走様でした。

 

 そんなこんなで、家族とゆっくりとすごすことができたかなぁと思いました。あ、もちろん、妻ともお出かけもしました・・・。エネルギー充電完了です。さ、今週末は3月です・・・・。あっという間に3学期は終わるんだなぁ・・・。